『暴風雨 親父の女と二人だけの夜 織田真子』

作品紹介

母さんが亡くなって3年、親父は毎週金曜日の夜に必ず愛人を家に連れ込むようになっていた。僕が居てもお構いなしに身体を重ねる親父の女に頭を悩ませると同時に、密かに憧れを抱くようになっていた。そして大型台風が直撃したある金曜日、横殴りの大雨に襲われながらいつものように親父の女がやって来た。電車が止まり職場から親父が帰れる事が出来ず、ビショビショに濡れた親父の女と二人きりで夜を過ごす事になって…。

サンプル動画

スポンサーリンク

スポンサーリンク